カテゴリ:RTW( 23 )

シカゴに昼過ぎに到着。

去年の冬に来た記憶がまだ残っているので、T5で入管通過後そのまま2Fに上がり、
ATS乗ってT2で下車。エレベーターでなぜか下に降りて、ヒルトンの中を通り抜け、
駐車場ビル前のシャトルバスの乗り場へ。

しかしいつも思うのだが、なんでアメリカの空港からのシャトルバスは時刻表無いんだ。
いつくるかわからないので、ずっとBus Stationに張り付いていなければならない。
おちおちトイレや売店にも行けない。だからといって頻繁にすぐ来る訳でもないしね。
まあそれでも20分くらい待てば来たかな?

今日のお宿はBest Western at Ohare。

b0047210_2157939.jpg


料金もunder$100、送迎バス有、wifi有、レストラン併設、ルームサービス可、
おまけに部屋もツインの広々とした部屋でまったく文句なし。
オーナーさんもちょっと中東系の人みたいで同情。これは常宿に登録だな。

Jetlagで疲れていたのと、明日早いので、3pmにバタンキューでした。
[PR]
by h_sugar | 2011-10-01 02:00 | RTW
バスで空港内を移動して、いよいよ今日の搭乗機へ。

お、トリプルセブンだ。これは期待した機材か?
b0047210_2059183.jpg


タラップを駆け上がり、そして左に曲がると、、、
b0047210_2104973.jpg


わかるかな?
b0047210_212792.jpg


じゃじゃーーん。半年前に就航したばかりの New Firstclass Cabin でした。
そうですよ、これに乗りたかったんですよ。大当たり。
b0047210_2133999.jpg

b0047210_22364494.jpg

b0047210_22372076.jpg


このランプや電子ブラインドが特徴ですね。
BA : http://www.britishairways.com/travel/first-seating/public/en_gb
CM:http://www.youtube.com/watch?hl=en&v=85KftuY8kxQ&gl=US

機内では、男性のFAさんが担当。
席について説明やら、食事のオーダーなど、専属担当のようなきめ細やかな対応。
話し方も、非英語圏外国人向けにゆっくりと話してくれている感じ。
落ち着いた男性で、心地よさ、安心感出るね。
こういうサービス大好き。

お昼時間帯に出発だったので、
水平飛行になって、すぐに昼食がサーブされました。
いつもの通りなんちゃってベジなので、魚系になりました。

b0047210_22331269.jpg

b0047210_22334570.jpg

b0047210_22342037.jpg

b0047210_22352968.jpg


BAのサービスで一番感心したのは、このサーブのスタイル。
洗練されたサービス。一流レストランのメートルのようでした。

座席はCXと比べると横幅が狭い分、若干窮屈でした。
まあ、座っている分には特に問題はないレベルですけどね。

食事が終わって、AVシステムをいじってみましたが、あまり面白いものがなく、
自分のiphoneでpodcastの落語やAvantiをしばらくずっと聞いてました。

周りが少しづつお眠むモードになってきたので、
電子ブラインドを下げ、お着替えとベッドメイクをお願いしました。
キャビンウエアは濃紺の綿織のシンプルなもの。なかなかしゃれてました。

床に着いたものの案の定、寝返りが打てず、おまけに窓際で少し寒い状態。
たまたま隣の中央部の席が空いていたので、FAさんに再度ベッドメイクをお願いして、
寝床だけそちらに移りました。
まあ結局寝返りが打てなかったので、眠りが浅いのには変わりありませんでしたが、、、。

b0047210_2243147.jpg


2時間程寝てから、起きて窓際の席に移動し、おめざに紅茶とスコーンを頂きました。
気がついたときはもうアメリカ大陸上空。

アメリカ/カナダ上空はピカピカの真夏モードでした。
シカゴには20分程早着でした。
[PR]
by h_sugar | 2010-10-01 02:00 | RTW
世界一周旅行3日目です。

前夜遅くに寝たものの、空港事件の疲れでぐっすり眠れ、しっかり目覚しなしで6時に起床。
朝はロンドンらしい霧雨でした。

b0047210_1921622.jpg

b0047210_1920830.jpg


昨日は路線バスでT3→ホテルでしたが、今日はBA便なので同じく路線バスでホテル→T5。
料金は両方とも£2.2。ロンドンバスはまあまあ便利です。
実はこの地域はgoogle mapでバスのルートやバス停の位置、時刻表まで調べられるんですね。
便利になったもんだ。でも一応ロンドンバスのサイトも参考で載せておきます。

ロンドン交通局
http://www.tfl.gov.uk/gettingaround/default.aspx

7時にチェックアウトして、ホテル前のバス停からT5まで乗車。15分くらいだったかな。
普通の郊外の田園都市のなかを進んで突如でてくる近代的なビル。
b0047210_1936863.jpg


そして吹き抜けの大空間
b0047210_19374127.jpg

b0047210_1938145.jpg


朝の時間帯だったので、チェックインカウンターはどこも結構混んでいました。
しかし、今日の私はこちらで。
b0047210_19391742.jpg


しかーし、ファストトラックもなく、普通の保安検査を30分位並んで、
出たところを、右側の怪しい部屋へ。

今日の目的はBAのLoungeと新Firstclassシート。
今日はお昼の便なのに、ラウンジで朝食をとるために早起きして参りました。爆

コンコルドダイニング
b0047210_209519.jpg

b0047210_1945377.jpg

b0047210_19462675.jpg


T5の南側は、ほんとにたくさんのラウンジがあり、まるでラウンジコンプレックスです。
というわけで、庶民らしくラウンジをはしごしてみました。
BA ラウンジ案内 http://www.britishairways.com/travel/ecbenftloungelist/public/en_gb#ui

The Concorde Room
b0047210_2092494.jpg


The Galleries First lounge
b0047210_20181753.jpg


The Galleries First terrace
b0047210_19523023.jpg


The Galleries Club lounge
b0047210_20254765.jpg


コンコルドは思っていた程、良くなかったです。
暗かったし、混んでいましたし。
餌はビジネスラウンジが一番種類が豊富だったかな?

個人的にはテラスが一番好きですね。
開放的な空間で、おされな椅子でくつろぐのなら、ここがおすすめです。

ラウンジはしごして、次はElemis SPAです。
b0047210_20355370.jpg

b0047210_20363966.jpg


やはり朝は混んでいるようで、15分間の無料マッサージの予約は、
朝食前に予約してやっと1時間後でした。

マッサージ前にシャワー室を見学して、必要ないのにシャワーを浴びてしまいました。爆
b0047210_2039310.jpg


すっきりして、テラスでくつろいでいると、そろそろ時間です。
幹線なのにバス移動なので、ラウンジ階から1階まで降りて、混載バス乗車です。
ちょっとここら辺はいくないな。BA-T5。

バスで広大なヒースロー空港内を駐機場まで移動です。

つづく
[PR]
by h_sugar | 2010-10-01 00:01 | RTW
到着したのは、ターミナル3。
ボロボロで入り組んだ迷路のようなLHR最古参のターミナルです。

夜8:30着だったし、時差で疲れていたので、機内でもらった
ファストトラックパス(優先通過できるパス)でさくっと通過して
早くホテルに入りたかった状況でした。

迷路のような通路を案内に従い進み、入国審査のフロアにたどりつきました。
そこには、目を疑うような光景が。
学校の体育館くらいのフロア一杯に人が溢れ、全然前に進まないのです。

ファストトラックの列でさえ、あの悪名高いLAXのイミグレの列より長かったです。
結局ファストトラックなのに通過に1時間以上かかりました。

元々ヒースローは上級席利用者への空港利用税とかがエコノミーに比べ桁違いに高く、
それだけでも既に腹立たしいのに、それだけの費用徴収しておきながら、
このサービスレベル。全く以てあり得ません。

利用は3回目ですが、前回同日乗り継ぎの際、異様に厳しい手荷物検査に当たり、
服は脱がされるは、荷物は全部開けてひっくり返されるはで、さんざんでした。
(普通にCoolbiz風のビジネスマンの格好で、手荷物はキャリー1つなのにです。)

今回はとりあえず、1時間半待ってやっと順番が来て、審査官と問題なくやりとりして、
ターミナルを無事出ました。
ところが雨が降っていたので、セントラルバスステーションまでの、
これまたわかりにくい薄暗い地下通路を延々と10分くらい歩き、
路線バスに乗りホテルまで。疲れた体にはきつかった。

結局、宿泊先のHolidayinnに着いたのは、夜11時でした。

もうLHR入国は極力避け、今後はCDGかFRAにしようと、心に決めざるを得ない事件でした。
[PR]
by h_sugar | 2010-09-11 05:00 | RTW
ベッドで5時間くらい寝たでしょうか。

それでも約13時間のフライトですから、まだロンドンには到着してません。
起きてポジションを戻してもらい、寝起きのお茶をいただきました。

赤服さんも休憩に入っているとのことでしたので、
今度は紫服さんと黒服さんがお世話をしてくれました。
この方々は、日本語は話せませんでしたが、英語で十分コミュニケーションできました。

寝起きのお茶を3杯飲んだ後、食事にしますか?と聞かれたので、
ロンドンの現地時間を聞いてちょうど良い時間だったので、食事をいただきました。
夕食はいつも軽めなので、ビジネスクラスメニューの中華粥と点心数個と
デザートだけにしていただきました。こういう臨機応変な対応はありがたいですね。

写真はぼけーっとしてたので、撮るの忘れてしまいました。

食事を終え、しばらくお茶を飲みながら読書をしてると、そろそろと降下開始。
到着前に入国カードとFasttrackの紙をもらい、降機準備と荷造り。

LHRには予定より30分程の早着でした。

降機の際は、お上りさんらしく、お世話になったFAの皆さんと一緒に
記念写真を撮ってもらい、再見といいながら握手してお別れ。

気分よく飛行機を後にしたのですが、、、、。

その6に続く
[PR]
by h_sugar | 2010-09-11 04:00 | RTW
1回目の食事を終えて、しばらくお茶を飲みながら、赤服さんと談笑。

なんでも日本に1年くらい留学したことがあるそうで、そういう人多いみたいです。
日本便に乗るときは、日本での買い物が楽しみだそうで、買い物談義をしてました。

日本製品をネット経由でも買うことも多いとのことでしたので、
最近タオバオとYahooショッピングが提携したから試してみたら?
と案内しときました。

そんなこんな与太話をしながら、まったりとした時間が流れて行きます。
まさに雰囲気は飲茶場ですな。JALではありえん。

一段落して外を眺めてみると、モンゴル上空でした。

写真はゴビ砂漠だそうです。(CAPに確認して教えてもらいました。)
b0047210_18485450.jpg


なんだか内モンゴルの核実験場の跡地のような
b0047210_18504728.jpg


ひまなので、AVシステムとかいじってみました。
映画はあまり興味のあるのはなかったので、いじっておしまい。
ヘッドホンはノイズキャンセリングでしたが、当たり前だったので写真忘れました。orz
b0047210_18553693.jpg


しばらく電子書籍で深夜特急を読んでいると、だんだんお眠になってきたので、
着替え室の準備とベッドメイキングをお願いしました。
ここら辺は以前ANAFirstで体験しているので、お作法は心得済み。

ベッドメイク完成状態です。
蘭の花おされだなあ。あと枕元にアロマシートも頂きました。
b0047210_1923215.jpg


このベッドでは寝返りも打てて、しっかりと熟睡しました。

その5に続く
[PR]
by h_sugar | 2010-09-11 03:00 | RTW
食事編です。
b0047210_18262932.jpg


ゆっくりと数週類の中国茶を楽しんでいると食事が出始めました。

私はお酒が飲めないので、ワインとか全然試してません。その分お茶でしたね。
なのでファーストの醍醐味である高級食材とか高級酒は無縁な旅でした。orz

前菜、スープ
b0047210_18121866.jpg


サラダ
b0047210_1813102.jpg


メイン
私がなんちゃってベジ、かつ少食なので、中華風味付けで
スモールポーションにしてもらいました。(まったくもって庶民な私)
b0047210_18155741.jpg


デザート
これも私好みでアレンジしてもらいました。(これは別腹なので)
ベリーがフレッシュで美味しかったなあ。
b0047210_18191375.jpg


その4へつづく
[PR]
by h_sugar | 2010-09-11 02:00 | RTW
さて、メインイベントのCX253のファーストクラス搭乗記です。

搭乗してまず驚いたのが、この便のファーストクラス搭乗客が私一人だったということです。
最新型のファーストクラス(74A Olympus)ロンドンまで独占です。

まずは写真をご覧あれ。

機体B747-400
b0047210_17103537.jpg


First class cabin
b0047210_17145039.jpg

B747の先端なので、変則4列。
前方は壁が迫ってくるので、開放感重視な私としては、後方が好み。
また、Dayflightなので太陽光の下手側が景色が見やすいということで3Kを選択しました。
まあ、FAさんはどこでもいいよって言ってましたが。おいら一人だからあたりまえか。

というわけで、予約した通りの3Kのお席を。
First class suite seat
b0047210_17223233.jpg

この落ち着いたデザインと色合い。シングルベッド幅くらいの余裕ある席幅。
完全個室でないセミオープン型の雰囲気に一輪挿し。ミニマムな美しさですね。
私に取ってはベストファースト席です。

CXによるキャビンの使い方説明書

そして何よりも良かったのは担当FA(赤服)さん。
日本語ぺらぺらのHKG美人。そりゃあもう独占させていただきましたよ。はい。
紫服の方も黒服の方も、とても洗練された、付かず離れずのサービスで、
親しい友人宅に招待されたような居心地。私的にはこの距離感一番心地よかったですね。

アメニティーはBALLYのポーチとシノワズリーなキャビンウエア。
このキャビンウエア、きちんと首元まで閉めることができて便利。
帰国後も部屋着として愛用してます。
b0047210_1750284.jpg


14:40発のフライトだったので、離陸後は窓外の流れる景色を見ながら、
ゆっくりと中国茶でアフタヌーンティー。HKGスタイルのワゴンではなかったですが。
b0047210_1811721.jpg

b0047210_1815028.jpg


いやあ、ほんとに極上の時間でした。
(その3につづく)
[PR]
by h_sugar | 2010-09-11 00:00 | RTW
世界一周旅行2日目です。

香港に着いたのが夜中だったため、周りの景色はあまり良くわからなかったのですが、
朝起きたら、外は高層ビルと緑いっぱいの風景で、そこは蒸し蒸しの亜熱帯でした。
b0047210_192882.jpg


今日は午後のフライトなので、ルームサービスで朝食をとり、
ホテルでゆっくり過ごしてから空港に行きました。場所柄かフルーツ激ウマ。
b0047210_19422440.jpg


お昼近くにチェックアウトして送迎バスを待つまでの間、
併設されているアウトレットモールをさらっと見たのですが、
結構面白そう。短い時間しか見れなくてちょっと失敗。

空港でのチェックインはHKG-CX独特のコンシェルジュスタイルのカウンターで行おうと
思っていたのですが、ここがちょうど全部埋まっていて、奥にある普通のカウンターの
ファーストクラス用のところに案内されてしまいました。
まあここら辺は特にこだわりはなかったので、早い方で納得。
写真手前がコンシェルジュスタイルのカウンター、奥が普通のカウンターです。
b0047210_2061757.jpg


その後、今話題のiphone4のSIM Rock Free版を買おうと思い、
制限区域外の携帯電話屋さんに行くも、在庫なしで撃沈。
でもまだロンドンとナイアガラ(カナダ側)でチャンスがあるので、
あきらめないで値段だけチェック。

iphone購入はあきらめて、昨夜時間外で閉まっていたe-channelの登録をしようかと、
セキュリティーゲートのところに行ったのですが、どうも場所が良く分からず
結局e-channelを登録せず普通のゲートで通過してしまいました。

さて、これからが香港でのメインイベントのラウンジ体験です。

ゲートを出てすぐ左側に、CXのラウンジ"The Wing"があり、
中のレストラン"The Heaven"でお昼をいただくために早速入場。
b0047210_20352013.jpg


食事後は、ちょっと普通席が込んでいたのでこちらで。
b0047210_20555036.jpg


ラウンジ内のSpa "The Cavana" もすごかったらしいのですが、今回は忘れてました。涙
ラウンジに併設のSpaには大抵個室のシャワーがありますが、なんとここはバスタブ付。
次回はぜひとも利用したいですね。

中国茶でまったりしたり、Skypeしてから、少し早めにラウンジをチェックアウト。
b0047210_21223348.jpg


そしていよいよ、

今回の旅行の最大の目的である
CX253(74A Olympus)のファーストクラスキャビンの体験です。

(つづく)
[PR]
by h_sugar | 2010-09-10 00:00 | RTW
世界一周旅行初日です。

直前の手配だったため、前日までバタバタと予約作業をしてました。
結局アイスランドは便がいっぱいだったため、断念。火山見たかったです。グスン

初日は、ファーストクラス搭載便に乗るため、夕方に成田を出発し、HKGで一泊の予定。

半年ぶりの成田だったので、奮発して新型スカイライナーを体験してきました。
乗り換えはもちろん日暮里駅。
b0047210_11311465.jpg

車両の揺れも少なく、座席も広くて快適でした。約40分で到着。

夕方便だったのですが、お昼をJALラウンジのカレーにしようと決めていたので、
昼すぎに成田空港に到着。

少し待って、13:00オープンのCXのチェックインカウンターへ。
ここで、この旅最初のハプニング発生。

 「お客様、大変申し訳ないのですが、機材変更でファーストクラスがございません。」

とのこと。えーーーとは言ったものの、騒いでも仕方がないので、条件交渉。
これってダウングレードということですよねえ。何か対応策はないですか?と。

 「わかりました。ではダウングレードのお詫びとして、以下の対応をいたします。」
 1 現金で18000円払い戻し
 2 機内販売用金券100USDの提供
 3 50000JMBの返還

実は、当日の朝Webチェックインをしようとしたら、できなかったので、
コールセンターに電話してダウングレードについても、事前に対応をお願いしてありました。
なので、実は現場では特に交渉することなく、スムーズに対応していただきました。

私としては、翌日のHKG-LHR便で最新型ファーストを体験できれば良いと思っていたので、
特にこの便ではこだわりはなかったのですが、結果として得してしまったような気がします。

そしてチェックインを終え、なぜか優先ゲートを通過し、出国も電子ゲートでスルー。
今回はワンワールド便利用で資格がエメラルドなので、JALのファーストクラスラウンジを
使わせていただきました。
b0047210_1344227.jpg


いつもの窓際のシェーズロングの椅子に陣取って、昼食。
予定通り、名物のカレーとメゾンカイザーのクロワッサンとポカリ。
b0047210_1345690.jpg


食事後、マッサージチェアーを小一時間占領。
(いつもながら、ここは空いているのでくつろげる。)

搭乗口が遠かったので、少し早めにラウンジを出発。
搭乗口のカウンターで先程のダウングレードに伴う金券等の受け取り、優先搭乗。

座席はパシネット席でしたが、幸いにして赤子はいませんでした。
機内は結構込んでいたように思います。
b0047210_11351011.jpg

b0047210_11363998.jpg


座席はA330のぼろぼろビジネス。
食事は近距離用ビジネス飯だったので、好きなものだけつまんで省略。

美しい夕焼けを機内から見ながら爆睡。
19:30 HKG国際空港着

上級会員とかが登録できるe-channelは19:00までだったので、断念。
でも、普通にさくっと通過できました。

予約している宿はランタオ島内の Novotel Citygate HKG。
ゲートを出たところにある、ホテルバス受付所でNovotelの文字を探す。
当該のカウンターでお兄ちゃんに申し出ると、バス乗り場まで同乗の客と一緒に
連れて行ってくれるシステム。

バス乗り場は、T2の外、会議場との間のバス乗り場。ここから、ホテルまで10分。
こぎれいな近代的なホテルでした。20:30 Check in。
[PR]
by h_sugar | 2010-09-01 00:00 | RTW

   2010年 JGP取得         2007年 SFC取得


by h_sugar