<   2006年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧



ANAの暴挙により計画を変更せざるを得なくなりましたので1日かけて計算しなおしました。
悠長に「日帰りジンベイザメ」なんていっている場合ではないざます。

以前の計画    : 八丈島ルート切符×16 +羽田沖縄超割往復×1
                ↓
変更後の計画 :八丈島ルート切符×15+羽田沖縄超割往復×1+宮古島旅割×4

これでいくと、総費用¥382,600.- レグ単価¥7,502.- 総PP 15,048 搭乗回数 51回
ということで無事プラチナ基準を満たすことが可能となります。

まあ、「八丈島ぐるぐる」だけだと飽きたかもしれないから、宮古島もぐるぐるしてきます。
名づけて、「八宮ぐるぐる」ってか?

とにかく実行前に気づいてよかった。
[PR]
by h_sugar | 2006-10-29 21:00 | SFC修行


Attention! Attention !
ていへんだ、ていへんだ、はちさん!!!

周到な計画を立て、もうあとは発売を待つのみという段になって、えらいことが判明しました。

さりげなく12月のANA時刻表を見ていたのですが、なんと大島⇔八丈島間の区間マイルが
1/1から153マイル⇒118マイルと大幅に縮められている ざます。

えらいこっちゃ。計算が狂ってしまう。

八丈島ぐるぐる+沖縄1往復のつもりが、沖縄往復だけではPPが足りないことになってしまう。
約3,960 PP 分を八丈島ぐるぐる以外で消化しなければならない。

どうする?どうする?計画の練り直しをせざる得ないんでざます。

時刻表をよくみると、大阪発は軒並み減マイルですねぇ。
それでも1マイルか2マイル程度。なのに、なんでOIM-HACは35マイルも変わるんねん!

いったいどうなっとるねん。ANA     プンプン
[PR]
by h_sugar | 2006-10-28 23:42 | SFC修行


八丈島修行は1日3レグで行こうと宣言したところですが、
先輩僧のBLOGとか拝見すると、どうも1日に6レグが可能なコースがあるようです。
しかもルート切符2組使いで!そりゃすごい。ということで時刻表を検証してみます。


 便名 機種  羽田発  大島着 大島発 八丈島着 八丈島発 大島着 大島発 羽田着

 841 Q83   8:20 ⇒ 8:55                           
 842 Q83               9:25                  ⇒        9:55
 823 73K  10:30         ⇒    11:20
 850 73K                          11:55 ⇒ 12:35
 849 73K        14:30   ⇒    15:05
 826 73K                          16:10     ⇒       16:55

東京⇔大島を朝一で往復し、午後大島から八丈島に折り返すのがポイントなんですね。
ただ、これだと大島往復が遅延するときっついかもしれませんね。

集中的に回数を稼げくことができるので、1回は試してみたいなぁと思っています。
[PR]
by h_sugar | 2006-10-28 22:38 | SFC修行

超割の先行受付



そろそろAMC会員向けに1月の超割の先行受付が始るみたいです。

私の場合、ルート切符修行組なので、基本的には関係ないのですが、
PPを満たすために、1回沖縄往復をするつもりです。

なので、天気が良くて値段が安いうちに行こうかと思っています。
1~3月は沖縄キャンペーンで毎週超割やっているみたいだし。

どこかで、日帰りジンベイザメ見学の日程を組もうと思っています(爆)


b0047210_0202383.jpg
[PR]
by h_sugar | 2006-10-22 21:03 | SFC修行
b0047210_14565892.jpg




いろいろと屁理屈をこねましたが、実はSFCを目指そうと決意した本当のきっかけは、
これを見てからなんです。なんだか本末転倒ですね。我ながら反省。

ワイドカード以上だと入会ボーナス2000mile もらえるみたいですね。
区間ボーナスも+25%あるみたいだし。

陸マイルは100円=1mileみたいなので、普通ですかね。

11月末までのキャンペーンですが、JCBのHPをよく見ると、
ワイドカード以上で10月末までに申し込むとカレンダーがもらえるそうな。

と言うことで、10月中に申し込んでみます。


下はアフィリエイトとかじゃないので安心してみてください。(笑)

JCB-ANAワイドゴールドカードのキャンペーン
b0047210_14322150.jpg

[PR]
by h_sugar | 2006-10-22 14:32 | クレジットカード

SFC用カードについて



さて、修行計画もひと段落したところで、次にSFC用のカードの選択です。

ちまたでよく言われるのが、SFC修行が終わっていざカードを申し込んでみたら、
審査が通らなかったなどの事情で、星組金が維持できなくなる可能性もあるということ。

なので、確実にSFCになりたい人は、修行前もしくは修行中にカードを申込するそうな。

わたしはいままでカードは断られたことがないので、全然心配していないのですが、
チケットレスで購入すると必ずAMCカードとクレジットカードを持参しなければいけないので、
めんどくさいし、これを期に作っておくのもよいかなぁと。

ANAカードでは以下の発行会社があるようです。
三井住友-VISA/MASTER、JCB、ダイナース

三井住友カードは、陸マイラー技で有名な、Edyまいペイす技とかがあるようですが、
ANAでマイルをためても、結局は使えない(便が少ないので取りにくい)ようなので、
ANAマイルをためる気はいまのところありません。

あくまでも私の場合は、成田などでの優先チェックインやエアサイドラウンジ利用など、
星組金の特典狙いなので。ANAマイルはそんなに関係ありません。

また、私の場合個人旅行が多いので、海外での日本語サポートが必要となり、
JCBプラザとかデスクがその際には魅力的。
ありがちなアシスタンスサービスとの提携ではなく、自前で運営しているしね。

SFCカードは長い付き合いになるカードなので、今回はやはりJCBで作ろうと思っています。
[PR]
by h_sugar | 2006-10-22 14:23 | クレジットカード


八丈島修行の概要はつかめましたが、なにせ1日3レグしかかせげません。
つまり、50レグこなすには、延べ16日必要ということです。

週2ペースだと2ヶ月、週1ペースだと4ヶ月かかります。

しがない勤め人なので、そんなにまとめて修行しても、結局は先立つものが・・・。
修行費は月10万がいいとこでしょう。

なので、基本は週1ペースの修行と相成ります。

1月からはじめるとして、カレンダーとにらめっこすると
順調に行って修行完了(解脱というそうです)はGW直前ということになるでしょうか?

八丈島路線は気象条件等に左右されやすいらしいので、春梅雨・秋梅雨の時期や
強風の日などは欠航・遅延等もままあるようです。

なので、ゆるやかな目標としては、入梅前までにはなんとか解脱したいですねぇ。
ということで5月中が目標かな。
[PR]
by h_sugar | 2006-10-22 14:08 | SFC修行

八丈島修行計画



というわけで、羽田-八丈島路線のルート切符を中心に修行することにしたわけですが、
ここで、改めて1日のダイヤを確認しておこうと思います。(2006年11月)

 便名 機種  羽田発 大島着 大島発 八丈島着 八丈島発 大島着 大島発 羽田着
 821 32A   7:40              8:30
 822 32A                     9:05                    9:50
 823 73K  10:30             11:20
 850 73K                           11:55 12:35
 844 73K                                      13:05 13:35
 843 73K  13:25 14:00
 849 73K             14:30  15:05
 826 73K                           16:10            16:55
 829 32K  16:05             16:55
 830 32K                           17:30            18:15

ここではレグ単価の問題がありますので、基本的にはルートきっぷのルールに従います。

 ルート切符のルール : 必ず大島を経由すること

大島経由便は1日に2往復しかありません。なので整理すると以下のダイヤで修行ですかね。

 便名 機種  羽田発  大島着 大島発 八丈島着 八丈島発 大島着 大島発 羽田着
 823 73K  10:30     ⇒      11:20
 850 73K                          11:55⇒12:35
 844 73K                                      13:05⇒13:35

 843 73K  13:25⇒14:00
 849 73K             14:30⇒ 15:05
 826 73K                          16:10     ⇒       16:55

ダイヤをよくみると、午前修行後、10分差で午後修行に乗り継げないじゃないですか。
まあMCTとか考えると、40分以上ダイヤがずれないと両方は無理です。
ANAさん修行僧のために、ダイヤをずらしてください。(結構切実)

というわけで、修行するには 午前か午後どちらかということですな。
[PR]
by h_sugar | 2006-10-22 13:11 | SFC修行


それでは、前回検討した区間単価の安い路線で実際のダイヤを検討してみます。
(2006年11月ダイヤ)

しつこいようですが、まず前提条件であるプラチナ獲得基準を確認します。

 1~12月の間に利用回数50回かつプラチナポイント15,000以上を取得
                      ↑
                必ず試験に出ます。(最重要公式かも)

これを満たすためのスケジュールを組んでみました。

先週1週間は、こればっかりやってました。まるでパズルみたいですね。
時刻表オタクの鉄チャンならぬ、空ちゃんになった気分です。エクセルがないと大変です。

                 ・
                 ・
                 ・

本当は詳細のエクセルデータを載せたいんだけど、Blogにスプレッドシートを載せる
やりかたをしらんし、HTMLとかも当然わからんので、結果だけ載せるざます。

     路線名      券種    総費用   レグ単価 1日レグ数 周回回数
(4) 那覇-宮古     旅割    ¥380,200 ¥7,604 12回/泊    4
(5) 那覇-石垣     旅割    ¥443,000 ¥8,776 14回/泊    3
(6) 福岡-対馬     旅割    ¥423,000 ¥8,460 10回/日    5
(1) 羽田-八丈島 ルート切符   ¥383,700 ¥7,674  3回/日   16


なお、ダイヤを検討すると、羽田-大島は1日1往復しかできないので、はずしました。

また、それぞれの路線を単純に繰り返すだけですと、回数やプラチナポイント(PP)で
過不足が生じましたので、必要に応じて下記の要領で補足修行をしてあります。

    回数不足 - 運賃優先で羽田-大島 or 羽田-八丈島線
    PP不足  - 距離優先で羽田-沖縄線

そして、これは特に石垣線に言える事なのですが、午前中に安い往復可能便が
たくさんあり、費用対効果を考えると、宿泊してでも、集中して午前便も修行をしたほうが
良いと判断し、石垣線は宿泊を前提としています。(1泊7000円付加済)

宮古島線は午後だけ修行したほうが、旅割の安い便を集中的に使うことができまが、
でも、せっかく修行に出向くため、那覇まで運賃をかけていくのですから、
やっぱり1泊2日で集中して修行したほうが、レグ単価もよくなるかなぁと思います。

なので、沖縄系路線はみんな1泊コース(宿泊費7000円込)となっています。


ということで、まとめてみます。

総費用の安い順で並べると
 (4)那覇-宮古島 ¥380,200 旅割
 (1)羽田-八丈島 ¥383,700 ルート切符
 (6)福岡-対馬   ¥423,000 旅割
 (5)那覇-石垣   ¥423,000 旅割 
         となります。

ただし、旅割の料金は1年中この料金ではなく、季節変動が伴うので、安い時期に
集中して修行しておく必要があります。沖縄系は夏とか高くなりそうだし。
特に宮古島線で5000円というのが、変わってしまうと手痛いですね。

また、前回検討したように、旅割は変更リスクにも弱いです。
特にこれら路線では1日10回以上の往復乗り継ぎを前提としていますので、
同一機材等での連続便でないと厳しいかもしれません。

というわけで、八丈島線を中心に修行しようと思っています。
気分転換で宮古線・対馬線に浮気か?


【結論】総合的リスクを勘案すると、羽田-八丈島線が費用対効果がもっとも良い。
[PR]
by h_sugar | 2006-10-22 10:26 | SFC修行

最低乗り継ぎ時間



前回検討したように、羽田発着を考慮したり、ダイヤを検討すると、最安値ばかりで
搭乗できない路線もあり、実際の区間単価はそう単純にはいきません。

基本的に修行僧なので、乗り継ぎを前提として、ダイヤを組む必要があります。
ここで、乗り継ぎに関してまず確認。

最低乗り継ぎ時間というのが各空港では定められています。
これを専門用語で Minimum Connecting Time 略して "MCT" と言うらしいです。

ANAのHPによると

 羽田・伊丹・関空は25分以上、その他の空港では20分以上 となっています。
               ↑
           これは試験にでます。

これを前提にして、検討した区間単価の安い路線でのダイヤを組んでみます。
[PR]
by h_sugar | 2006-10-22 10:08 | SFC修行

   2010年 JGP取得         2007年 SFC取得


by h_sugar