b0047210_1740255.jpg


こんにちは。

まだ世界一周旅行記を書いていない今日この頃ですが、
先日FOP単価がめちゃくちゃ安い  「トランスジャパン」 というチケットがあるとの情報を
ネットで知り、帰国後ついつい購入してしまいました。

現在の修行予定だと、RTWチケットで貯まるFOPは64,000くらい。
先日の株優クラスJ那覇修行の分が約4,000FOPなので、これを足しても
JGP基準の80,000FOPには12,000FOPくらい足りません。

年末までに3回那覇修行をしてクリアしようかなぁと考えていたのですが、
これだと株優での1往復あたり、約5万円かかるため、あと15万円かかることになります。
FOP単価は12.3円/FOP。(詳細はhttp://hsugar.exblog.jp/10559202)

ところが、このトランスジャパンチケットは約6万円で15,000FOP貯まるというもの。
FOP単価にして、約4.0円/FOPとなります。

このチケットの仕組みとしては以下のとおり。

・韓国発日本行往復の基本チケット(Hクラス)
  (例:GMP-HND往復 47万KRW=約3.3万円)
・上記往復チケットに日本国内線を1区間当たり6万KRW(約4,200円)で5区間までアドオン可。
   国内線の発券クラスはYクラス(エコノミーのノーマルチケット)
・有効期限は1ヶ月、発売期間は4月~6月末まで(予定)。
・変更は国内線は2回まで、国際線は復路のみ可。
・国際線区間1回分は共同運航便(KEなど)を利用可。

詳細は以下の各サイトを参照のこと
http://www.airtariff.jp/sel/JPN-JL.html
http://www.airtariff.jp/sew/bbs5158.html
http://www.airtariff.jp/sew/bbs4999.html
http://anasuperflyers.choco-moco.net/2ch/read.cgi?bbs=jgcsfc&key=1175827859
(196スレッド以降が参考になると思います。)

このチケットのポイントは国内線普通料金を4000円で5区間アドオンできるというところ。

これを東京-石垣便などで使うと、例のFOPスペシャルボーナスキャンペーンと併せて
非常に効率的にFOPが獲得できるというものです。(CMP加算対象運賃かどうかは未確認)

私の場合はHISソウル支店に電話をして発券してもらいました。
オペレーターの方は日本語可でクレジット決済も可能でした。

私のチケットは以下のとおり。

6/13 ICN-NRT-(地上移動)-HND-OKA-HND
6/14 HND-ISG-HND-CTS
6/15 CTS-ICN

768,200KRW = 約6万円、
加算予定FOP 14,956FOP
FOPスペシャルボーナスキャンペーンが加算されると仮定すると16,956FOP

これで修行分はすべて購入したことになります。

          費 用   FOP
那覇修行    5万円   4000
RTW修行   43万円  62000
TransJP修行  6万円  15000
合計      54万円  81000FOP 6.7円/FOP

おおざっぱに整理するとこんな感じでしょうか?
あとは無事に予約を予定通りにこなせるかが心配です。

というわけで、6月も修行しに、石垣、那覇、新千歳と遊んできます。
[PR]
by h_sugar | 2009-05-20 00:00 | FOP修行

とうとう修行してしまいました。
HND-OKA日帰りです。

先日、チケット屋の前を通りかかったら、なんと株主優待券が3000円になってました。
季節によっては1万円近くすることもある株優がこの値段。
こりゃ修行するしかないと思って衝動買いしてしまいました。

ちょうど、GWの修行で27000FOPくらいなので、株優でクラスJ那覇1往復しておけば、
GW終了時点でJMXになり、マイルがよりたまるかなぁと。

というわけで、人生初の株優搭乗となりました。
念のため手順をメモしておきます。

1 金券屋で株主優待券を購入
2 JALHPで株優運賃で予約。座席指定可。チケットレス不可。
3 搭乗時刻20分前までに空港等の自動発券機で代金支払い、発券。及びチェックイン。
4 紙の搭乗券で搭乗

費用は(株優¥3,000+株優料金¥22,500)*往復=¥51,000
FOPは(984*2*(0.75+0.10)+400)*2=4,144FOP
FOP単価 12.3円/FOP

とりあえず修行がメインでしたが、しっかり観光もしてきました。

7:00 羽田空港着 自動チェックイン機で発券後、4Fのロイヤルで朝飯。
     1タミはB1にチェックイン機ないんですね。4Fからの富士山が美しい。
     新管制塔もできあがっているし、新国際線ターミナルも工事最盛期。
     着々と2010年春に向けバージョンアップ中。

8:00 コッミックを一冊買って搭乗。制限区域内BlueSkyでポカリを購入して搭乗。
     ボーディングブリッジでタンクトップの女性の後ろに並ぶ。寒くないのかおねえちゃん。
     クラスJの窓側で着席。お姉ちゃんも同列。あれっ・・・・よく見たらおねえちゃん芸能人ジャン。
     おまけに自分の隣のお兄さんも毛糸の帽子を目深目に被ってなにやら人目を避けていそう。
     ちなみにおねえちゃんは声を聞いたら一発でわかる人のため、変装なしでした。

 8:15 RWY16Lより離陸。東京湾上空から三浦半島を抜け相模湾へ。
     若干水蒸気もやがあるが、富士山がきれいだ。

11:00 たいした揺れもなく、那覇空港にRWY18から着陸。少し遅れたか?

11:10 1Fの到着ロビーから2Fに上がりそのままゆいレールの駅へ。
     臨時販売していた駅員さんから1日券600円を買い首里城へ。

11:35 首里のひとつ手前の儀保駅で下車。
     iphoneのGPSでナビしながら、徒歩で首里城へ。

12:00 途中県立芸術大学の近くで昼食。これも歩きながら食べろぐで検索。
     ホントiphoneは便利。それでこの探したお店が大当たり。

     「あしびうなぁ」というお店なんだけど、いわゆる琉球古民家風で縁側で
     お庭を拝見しながら、のんびりとちゃんぷるとかソーキそばとかを食べることができる。
     サンシンは生でなかったけど、スピーカーから流れていて、雰囲気も抜群。
     店員さんも若くて感じのいい人が多く、こりゃ大当たりです。

     「琉球茶房 あしびうなぁ」 
     http://www.ryoji-family.co.jp/ashibiuna/una_top_page.html
     

12:50 首里城到着。結構観光客が多い。まあ那覇で一番の観光地だから当たり前か。
     本殿は有料。ゆいレール一日券で入場料割引。
     なかなか荘厳ですばらしい建築物だねぇ。場所も一番の高台なので景色がいい。

13:30 首里城から敷名園へ 円覚寺のところで流しのタクシーを捕まえてもらって、乗車。
     那覇のタクシーって初乗りが500円なんですね。初めて知りました。
     
13:40 敷名園到着。乗車賃800円。ゆいレール一日券で入園料割引。これで十分元取ったね。
     タクシーのおっちゃんがいい人で、敷名園観光をしている間、
     そこで待っていてもらい、帰りに首里駅まで送ってもらいました。帰り700円。

14:00 首里駅着 ゆいレールで那覇空港へ。
     途中おむろまちでDFSに寄ろうかとも考えたが、時間がないのでやめ。

14:30 那覇空港着 お土産を購入。

15:15 クラスJ窓側で搭乗 RWY18から離陸。
     帰りは2時間熟睡。

17:30 羽田着 
     週末円高が復活してたので、GW用のをTravelexで1000ドルほど仕込む。
     99,740円也。

ちょっと今日は散在しすぎかなぁ?
[PR]
by h_sugar | 2009-03-22 00:00 | FOP修行

国内航空会社では珍しい30代の女性社長で一時話題になった北海道の「エアトランセ」。
今度は下地島へ就航するそうです。1日1往復の予定だそう。最初は不定期便扱いですが、
順調に定着するといいですねぇ。 

やはり聖地へは飛行機で行きたいものです。
ANAとコードシェアとかしてくれれば面白いのですが・・・。

ニュースソース <琉球新報 3月21日10時20分配信>
北海道の航空会社エアトランセ(函館市、江村林香社長)が、那覇空港と宮古島市伊良部の下地島空港とを結ぶ不定期乗り合い便の4月からの就航を計画していることが20日、分かった。開会中の市議会3月定例会一般質問で市当局が明らかにしたほか、同社ホームページでも公表されている。運航が実現し、さらに定期便就航となれば地域活性化につながるとして、地元では期待感が高まっている。
 市当局によると同社はまだ路線認可を受けていないが、那覇―下地島間で昼の時間帯に往復1便の乗り合い便を4月1日から運航する計画を進めているという。
 同社は那覇―下地島路線に加え、これまでエアードルフィン(那覇市、半田貞治郎社長)が1日2往復の不定期乗り合い便を就航していた那覇―沖永良部路線も18人乗りに機材を大型化し運航を引き継ぐ予定。エアトランセとエアードルフィンは提携し両路線に関しエアードルフィンが販売、エアトランセが運航を手掛ける。
 現在、民間航空機のパイロット訓練で使用されている下地島空港は、日本トランスオーシャン航空(JTA)が1980年に那覇―下地島間の路線を開設。64人乗りのYS機が1日1往復していたが、利用率の低迷で94年7月に運休した。地元では現在も、地域活性化につながる定期便の復活を望む声が根強い。
[PR]
by h_sugar | 2007-03-22 19:00 | その他

修行を始める前は、貯めたマイルを利用券に変えて、
修行に還元しようと考えていたのですが、予約を入れることに必死で、
すっかり忘れていました。

現在、マイルが約35000mile貯まっています。一方、修行に要した費用が約38万円。
ということで、貯まったマイルのマイル単価は 約11円/mile 。

これを有効に使うには、なるべくマイル単価を高く使える方法を探したいところです。

一般的には使用する際のマイル単価の目安として2円/mileということが、
よく言われていますが、これを見るとそれではあ全然元がとれないですねぇ。

やはり貯めるときは長距離で、使うときは短距離でというのが効率が良いようです。
またディスカウントチケットの多いエコノミーよりも、C・Fクラスで使うほうが良いとも
言われています。(Fはシーズナリティーもないし、普通運賃しかないですからね)

ということは、ディスカウントチケットの少ない中国路線のCクラスとかが、
狙い目なのかもしれません。
Cクラスの特典航空券は4万mileからが多いので、あと5000マイルくらいどこかで
貯めてから、使おうと思っています。

あと5000mileだと沖縄で修行かなぁ?
せっかくだから、航空オタの聖地 「下地島」 を目指す??
羽田から宮古島までだとプラチナ加算等入れると、ちょうど5000mile位貯まるしね。

b0047210_1047163.jpg


これからじっくり研究してみようと思っています。
[PR]
by h_sugar | 2007-03-14 20:00 | マイル


無事、沖縄修行が終わりました。

いつもの大島・八丈ぐるぐるコースは大変だったみたいですね。
(大島で頻繁にゴーアラウンド発生の情報有)

地上は地上で、京急が脱線してたみたいだし。

沖縄から深夜に帰ってきた私はぜーんぜん知りませんでした。
ホントついてるかも!


さて、沖縄修行結果のまとめです。
b0047210_0523717.jpg









結果として1万マイル超えたので、交換可能の表示がでています。
b0047210_05451.jpg




   修行結果 搭乗回数18回 6952pp 10152マイル

また来週からぐるぐるに戻ります。
来週は温泉にトライできればと思ってます。

晴れてくれーーー!
[PR]
by h_sugar | 2007-01-29 23:30 | 搭乗記録


無事宮古島修行を終え、羽田行き最終便に乗り込みます。
宮古島から到着した便の2つとなりのゲートから出発です。

降りてみると、羽田行きのゲートが2つ並んでいます。??
一瞬、ダブルボーディングか?と思いましたが、前の羽田行きが遅れてただけでした。

b0047210_212862.jpg

乗り継ぎに余裕があったので、しまりかけていたANAFESTAで
噂の 「やぎみるく」飲むヨーグルト版 を飲んでみました。
私は好きですね。値段はちょっと高い ¥350 です。

<販売元> はごろも牧場



ANA994(B767-300:7B 曇 機内サービス有)

      機材 767--300 

b0047210_20533640.jpg
       














       エンルート
       ROAH(No.34Spot → RWY36)
           →(NAHA NORTH TWO VESSEL DEP)→ EISAR →
          →(CHINA SEA TRANS)→ あとは不明 →
          →(KAIHO NIGHT SOUTH ARR)
       RJTT(RWY34R → No.63Spot)

       21:15 ブロックアウト
       21:20 RWY36より離陸
       21:35 水平飛行に
       22:45 降下開始 (東京湾上の深夜到着コース?)
       23:05 RWY34R → No.63spot

       この便、むちゃくちゃ飛ばしたんですねぇ。17分早着。
       機内ではほとんど寝ていたんですが、降下開始がえらい早いなぁと思ったら、
       本当にファイナルでした。(爆)

       おまけに、このパイロットさんお客さんにサービス良く機外映像を見せてくれて、
       離陸時はもちろん、ファイナルに入ってからも、羽田にランディングするまで
       ILSアプローチをしっかり見せてくれました。

       まるでフライトシュミレータの映像を見ているようで、滑走路灯や進入灯が
       それはそれは美しかったです。ナイトフライトもいいですねぇ。

       イメージです。
b0047210_23492473.jpg

b0047210_23165321.gif
       

自宅までの終電に間に合うように、ゲートから駅まで走ってしまいました。
おかげで無事終電で帰りつくことができました。
[PR]
by h_sugar | 2007-01-29 23:00 | 搭乗記録


久米島の次はいよいよ青組修行で宮古島です。ここは2往復予定をしています。
那覇も少し日が傾いてきました。


ANA1727(B737-700:22K 曇 機内サービス有)

       機材
       38番のバスゲートからバス乗って沖止めスポットへ行くと、
       なんと金色の機体が近づいてくるではないですか
       
       宮古島往復はなんと Gold Jet でした。
     b0047210_21184066.jpg
















       乗り込むや否や、CAさんにさっそく機材番号を確認してしまいまいした。
       CAさんも心得たもので、ちゃんとゴールドジェットのはがきをくれました。

       機内設備も最新型で、もちろん初めて新型座席を体験。
       またディスプレイは頭上の荷物入底からせりだしてきてました!
       オーディオも2ピンでステレオ。音質抜群(少し低音強調ぎみ)。

       エンルート
       ROAH(G38Bバス → 沖止めSpot → RWY36)
           → (OKINAWA TWO DEP)→(MIYAKOJIMA TRANS)→ MIBAI
       ROMY(RWY04 → GateB)

       15:27 ブロックアウト
       15:40 RWY36より離陸→左旋回→低空でしばらく水平飛行→左旋回上昇
       15:50 水平飛行に
       16:03 降下開始 以後ずっと雲中
       16:23 RWY04に着陸

       飛行中はヘッドフォンの音が良かったので、ずっと聞いていました。
       上昇中 チャンネル 7 広瀬香美スペシャル(いけいけGOGO系の音楽)
       水平中 チャンネル10 クラシックス LIBERA(雲上で天国系の音楽)
       下降中 チャンネル 6 フュージョン系 (落ち着き系の音楽)

       上昇中は本当は宇宙戦艦ヤマトとかあると完璧だったりして(爆)


  無事、宮古島に到着して、とりあえず空港見学です。

b0047210_23231888.jpg
















b0047210_2330337.jpg


空港の中のお店は結構数があります。売っているものはそんなに変わりないですけど。
やはり宮古島なので、「雪塩」・「宮古上布」・「フルーツ系食べ物」などが主流でした。

もう一回来る予定なので、観光案内のパンフレットを集めて、
すぐ搭乗待合室に入ってしまいました。

b0047210_23373420.jpg


遅延もあり、すぐに折り返し搭乗です。
こんな短時間で整備なんて、機内清掃の人って大変ですねぇ。ご苦労様です。
       
ANA1728(B737-700: 3A 曇 機内サービス有)

       機材 折り返し便のため 737-700 GOLD-JET

       エンルート
       ROMY(GateB → RWY04)
           →(TORII TWO DEP?)→ TEBEK →(TEBAK ARR)→ GRACE →
       ROAH(RWY36 → No.32Spot)

       16:50 ブロックアウト
       17:15 水平飛行へ
       17:18 降下開始
       17:32 RWY36に着陸

       帰り便では、ディスプレイでフライトパスを見せてくれました。
       那覇まで直線で北上ではなく、東行に航路を取ってから少し北に進路を振って
       途中から那覇に直線で目指していました。
       せっかくならSQみたいに、フライトパスと高度を表示してほしいなぁ。

       でも新しい機材ってやっぱ好きかも。
      b0047210_2121038.jpg
[PR]
by h_sugar | 2007-01-29 21:00 | 搭乗記録


JTA211(B737-400:20A 晴 機内サービス有)

         久米島修行はJALカードの初回搭乗ボーナスを獲得するために往復。
         久米島線はJAL中では比較的区間単価が安い路線として有名なので、
         青組の修行のついでに寄ってみました。

       機材 外装も内装もとてもきれいな機体。CAさんもきれいだったし好印象。

b0047210_21232010.jpg     
















       エンルート
       ROAH(No.24Spot → RWY36)
          →(DORIS FOUR DEPARTURE)→ DRIS →
       ROKJ(RWY21 →(直接スポットイン)→ No.1Spot)

       12:45 ブロックアウト
       13:04 RWY36より離陸
            慶良間諸島の上空を通過。さんご礁がきれい。
       13:08 雲上に出て、水平飛行に若干のゆれ有。
       13:17 降下開始
            ファイナル際の空港横のさんご礁がきれいに見える。
       13:25 RWY21に着陸 直接誘導路に入りターミナルへ。


      久米島空港

b0047210_21335867.jpg

















      空港ターミナルの中
b0047210_21343243.jpg
















      到着が遅れての折り返し便だったので、ゆっくりと空港内を見学している
      余裕はあまりありませんでした。

      でも、慣れた地元の人たちは久米島そば??をスタンドでかきこんでいました。
      私といえば、なぜかわざわざ久米島でブルーシーアイスクリームを食べて、
      観光パンフレットを一通り集めただけ。残念
             

JTA212(B737-400:20A 晴 機内サービス無)

       機材 折り返し便のため 737-400
  
       エンルート
       ROKJ(No.1Spot → RWY21)
          →(SOUTH ONE DEPARTURE)→ DORIS → GRASE →
       ROAH(RWY36 → No.27Spot)

       13:55 ブロックアウト なぜか誘導路で待機
       14:05 RWY21より離陸 
            すぐに左旋回 → 空港を左に見ながら上昇 → 空港上空で水平に
       14:29 RWY36に着陸

非常に快適な久米島往復でした。いいですね。JTA
[PR]
by h_sugar | 2007-01-29 20:00 | 搭乗記録
東京からの到着が大幅に遅れたけど、時間に余裕があったのでセーフ。

久米島行きのJAL便まで少し時間があるので、食事処とラウンジを探検。

まずは朝早かったので、降機したすぐ横のANAFESTAで昼食代わりに
ソーキそばをがっついてしまいました。なかなかおいしかったです。
b0047210_22253795.jpg


      那覇空港 なかなかきれいな空港ですが、
             ANAとJALは南北別で不便ですねぇ。まるで羽田みたい。

b0047210_23173226.jpg


b0047210_22233592.jpg

















b0047210_21255615.jpg















とりあえず、チェックインをしなければならないので、1Fの到着ロビーに一旦出てから
3Fに上がり、JALのカウンターで往復のチェックイン。
       
その後ANAのカウンターで宮古島2往復分をチェックインし、羽田行きへの乗り継ぎ
情報を入れてもらい手続き完了。

b0047210_22595045.jpg














 

無事手続きが終わったので、1Fに戻り郵便局奥のカードラウンジへ。
ここは他の空港と違って、時間制限1時間と制限がちょっと厳しいです。
ドリンクもフリードリンクではなく1杯のみ。当然持ち込み禁止です。

でもその分空いていて、雰囲気はいいかも。ここの椅子はすわり心地抜群でした。

b0047210_2363466.jpg
















でも結局30分もいなかったかもです。
まあ今日はあと2回空港にくるから、まあいいか。

っと思っていたら、遅延等で結局利用できなかったのでした。チャンチャン。
[PR]
by h_sugar | 2007-01-29 19:30 | ラウンジ


朝、いつものぐるぐるより20分早いですが、同じ電車でOKでした。
いつものごとくカードラウンジでゆっくりしてから、搭乗ゲートへ。

やっぱりジャンボは人が多いよねぇ、最後の最後に乗り込みました。

ANA121(B747-400:77K ほとんど雲上 機内サービス有)

        機材はなんと、この便の機材はポケモンジェット
        最悪のセンスだよね。これほどひどいデザインって見たことない。

b0047210_21444130.jpg















       これ目当ての子供とか多くて、せっかくの2階席がうるさそう。
       オーディオも一応ついてはいたけど、ステレオではなく・・・・。
       ましてやディスプレイもどこにも見当たらず。

       機材はちょっとぼろいかも (T_T)

       エンルート
       RJTT(No.57Spot → RWY16R)
         → URAGA → YAIZU → CELLO → SAKAK → (W28)
         → TAPOP →(G581)→ ERABU →(ERABU ARRIVAL?)→GRASE→
       ROAH(RWY36 → No.32Spot)

       運行状況            
        8:07 ブロックアウト 
             なぜか北向きにタクシーRWY22の方へ向かう。あれ?あれ?
             なんとRWY16Rから離陸するらしい。冬に16、しかもR。めずらしい!!

             でも全然前に進まないなぁと思っていると、アナウンスが・・・
             「空港が混んでいるので、離陸まであと10分かかります。」とのこと。
             しかたがないか、8時台だし。

        8:30 RWY16Rより離陸
             途中浦賀を経て、焼津へ。
             富士山の写真を撮ろうとしたら、雲中へ突入(爆)。運が悪い。
             焼津から御前崎を見ながら海上へ。再度上昇。水平飛行へ

             機長アナウンスによるとFL400 えっえらい高くない??
             私の乗った飛行機の最高記録です。(国際線でもFL380が最高)
             強い西風に対処するためだろうか?
             機長はそれでも西風で到着が遅れるって言っていた。大変やね。

             海上コースの雲上の水平飛行なので、サクっと日よけを下げて寝る。
             小一時間くらい寝て、起き抜けにコンソメ飲んで目を覚ます。

       10:40 降下開始
       11:05 ファイナルアプローチ
       11:20 RWY36に着陸


           那覇空港ターミナルビル

b0047210_21453854.jpg
















       那覇空港は自衛隊との共用空港なので、ターミナルの向こうには
       海上自衛隊のP3C対潜哨戒機がたくさん並んでいました。なかなか壮観ですねぇ

b0047210_2150361.jpg
[PR]
by h_sugar | 2007-01-29 19:00 | 搭乗記録

   2010年 JGP取得         2007年 SFC取得


by h_sugar